保育士が派遣会社に登録するべきおすすめの理由

近年働くママの増加に伴い、子どもを預ける保育園や託児所の保育士のニーズが高まってきています。そんな中で今注目されているのが派遣としての働き方です。さまざまなメリットがありますので紹介していこうと思います。・高収入である派遣の期間が決まっていますがその間は、時給が維持されていきます。一般に1000~1600円ほどと、パートやアルバイトよりも高い時給で、高収入が期待できます。正社員よりは福利厚生、ボーナスの面で不利な面もありますが、時間外労働や持ち帰りの仕事がないことを考えるとほとんど収入に差はないこともあるでしょう。仕事がハードなわりに給料が低いといわれている職業ではありますが、派遣という働き方を選択する人も多いようです。・自分のライフスタイルに合わせて仕事をすることができる派遣会社に登録し、面接の際に自分の希望条件を提示していきます。例えば、土日は休みが良い、午前中のみ働きたい、早番でもよいが16時に仕事を終わらせたいなどの希望をあらかじめ、コンサルタントの方に伝えておきます。そうすると派遣会社のほうで条件にマッチした職場を紹介してもらうことができます。保育士として働く人の中には子育て中の人やブランクがある人もいます。自分の希望条件やそれに近い条件のもとで働けるので、ライフスタイルに合わせ、無理なく仕事ができますね。・基本的に残業はなく定時で帰ることができる保育士は残業が多い職業でもあります。親がなかなか迎えにこなかったり、仕事が終わっても日誌などの書類を書くのに追われて残業が発生してしまうことも多々あります。そのため定時に終わるということはなかなかありません。残業代がでればよいのですが、出ないところがほとんどなのが現状です。派遣社員は契約に沿って仕事をすることが義務付けられており職場の責任者にも知らせてあることなので、定時で帰ることが可能です。・未経験やブランクありでも心配せずに働ける保育士は担任になると一年は通して続ける必要があります。妊娠や出産などで育児との両立が不安な人はいったん退職してしまう人もいます。小さい子どもを抱えていると復帰にも迷いが出てきてブランクも長くなりがちです。派遣での働き方はそういった人におすすめの働き方だといえるでしょう。あらかじめブランクがあることや小さい子どもがいることを職場に伝え、責任者も納得の上で仕事ができるので、心配せずに安心して働くことができます。・職場の人間関係などのトラブルがあっても大丈夫職場で人間関係や何かしらのトラブルがあった場合でも、派遣会社を通して職場に伝えて問題を解決してもらう仕組みになっています。そのためストレスを抱えることなく働くことができます。解決に至らず退職となってしまった場合でも、コンサルタントが次の仕事を紹介してくれるので安心ですね。まとめ保育士が派遣で働くのにはさまざまなメリットがあります。給料や労働時間など改善が求められている職業ではありますが、また保育士として働きたいと思っている人は派遣としての働き方も選択肢の1つとして加えておくといいかもしれませんね。

保育士が辞めたいなら派遣会社に登録するべき理由

保育士が、正社員やパート、アルバイトとしてではなく、「派遣」として働くメリットとは何でしょう?ここでは大きく2つのポイントに分けて見ていきます。まず、前提として、派遣という雇用形態について簡単に説明します。派遣とは、保育園と直接雇用の契約を結ぶのではなく、派遣元である人材派遣会社と契約を結んだ上で、派遣先である保育園で働くということ。つまり、日々の職場は保育園だけれど、お給料は人材派遣会社からいただくということですね。雇用に関する手続きや、就業の条件の確認や交渉も、人材派遣会社を通して行うことになります。そして、派遣される期間は、原則的には3年です。この雇用形態だからこそのメリットは、「自分の事情に合わせて働き方を考えられる」ということ。自分の生活環境や家庭の事情が、近いうちに変化する可能性がある方にとっては、3年と決まっているほうが働きやすい面もあるでしょう。たとえば、結婚や出産、夫の転勤、家族の介護などで自分自身や家族構成が変わる、遠方へ引っ越すといった可能性がある場合です。もし、一つの園に正社員として採用された場合、当然、保育園の開園や維持に必須の人材として見られます。近年、人員に余裕のある園は多くありませんから、園にとっても正社員は長く勤務してもらうことが大前提。入社1年足らずで、自分や家族の都合で辞めますとはなかなか言えません。ですから、たとえ正社員として十分なスキルや経験を持っていても、自分の状況を見すえ、あえて派遣として働く方がいるのも納得できますね。もう一つの大きなメリットが、「キャリアアップを広い視点から考えられる」ということ。働き先の園を決める際、人材派遣会社に予め、「こういった条件の職場で働きたい」と伝えておくことで、条件に合った職場を冷静かつ客観的に選ぶことが可能です。また、3年の派遣期間を終えた後に、「次は、こういったスキルを伸ばせる職場で働きたい」という相談もできます。正社員として働いた場合、「その園の中でどうスキルアップするか」「園をより良くするために自分は何ができるか」といった視点が多少なりとも求められますが、実際、その園の職務範囲の中では自分が求めるスキルアップができない場合もあります。また、自分より経験の長い保育士さんを飛び越してのスキルアップが難しい場合も。一方、派遣の場合は、「その園の範囲内でできることを探す」のではなく、「保育士としてキャリアアップできる職場はどこか」という広い視点で検討できます。平たく言うと、「園のしがらみ」ではなく、「これからの自分」を基準に考えられるというわけですね。「一つの園で腰を据えて、責任ある仕事を任せられる人材になりたい」「園の経営にも興味がある」という方は別として、「保育士という専門職としてスキルと経験を磨きたい」という方にとって、派遣保育士という選択肢は大いにメリットがあるといえるでしょう。もちろん、派遣であるがゆえのデメリットもあります。資格やスキルにもよりますが、給与面をはじめとする待遇や将来の安定性では正社員には及ばない面があるのも事実。ですが、前述した2つのメリット、「自分の事情に合わせて働ける」「自分視点でキャリアを伸ばせる」という点に重きを置く方にとっては、「派遣」は一つの賢い選択肢といえるでしょう。

保育士が派遣を行う7つのメリット

・高収入が期待できる保育士の収入は一般的にあまり多くありません。給料が少ない事を不満に思っている保育士も少なくありません。しかし、派遣として働けば給料は派遣会社から貰うことになるので、他の業種の派遣社員と同等の給料をもらうことが可能です。・契約期間が決まっている。派遣で働いている場合、契約期間が決まっています。もし職場の環境になじめなかった場合、契約を更新しなければよいだけです。自分にあった職場かどうか過度に心配する必要なく、安心して働き始めることができます。・いろいろな保育所で経験が積める保育所は基本的に、預かっているお子さんとその親御さん、同僚としか接点がない狭い世界です。一つの保育所でずっと働いているとその保育所のやり方しかわからず、どうしても視野が狭くなりがちです。どこの保育所でも良いところ、悪いところがあります。派遣社員として働けばたくさんの保育所を経験できるため、その経験を活かし次の職場でマルチに活躍できる保育士さんになれることでしょう。たくさん経験を積んだあなたはきっと重宝されますし、その保育所はよりよい環境になるかもしれません。・残業が少ない、もしくはない正社員として働いているとどうしても残業しなければならないことがあります。もしかしたら残業代がしっかり支払われない事もあるかもしれません。その点、派遣であれば残業は基本的にありません。もしあったとしても正社員よりは少ないはずです。仕事が終わったあとの計画も立てやすくなるでしょう。仮に残業を依頼されたとしても、契約は派遣会社としているので後ろめたい思いをすることも一切なく、きちんと残業代支払ってもらうことができます。・自分の都合がよい働き方ができる派遣で働き始める時、まず自分が希望する働き方を派遣会社に伝えます。派遣会社はその条件をもとに、あなたに合った職場を紹介してくれます。「午前中だけがよい」とか「週3日希望」などライフスタイルに合わせたフレキシブルな働き方ができます。子育て中の方やブランクのある方でも積極的にチャレンジすることが可能です。・トラブルを派遣会社にしっかりフォローしてもらえる働いているとトラブルや嫌な思いをする事もあります。最初に提示された条件と違う、といったトラブルが発生することもあります。そんな時は派遣会社に間に入ってもらい相談に乗ってもらえます。直接自分で職場に訴える必要はなく、派遣会社にすべて任せる事ができるのです。また仕事を始める時も、待遇面など直接はなかなか聞きにくい事は派遣会社の担当者が事前にしっかりと確認してくれます。

ちなみに面接を受ける際には清潔感が大事です。若ハゲの人は育毛剤を使いましょう。

派遣保育士の具体的なメリット

最近よくテレビで耳にする深刻な保育士不足。保育士が不足しているのには、保育士資格取得者が少ない訳ではありません。資格は持っているのに、潜在保育士の数は60万人を超えているといいます。保育士が不足する理由に、仕事が過酷で、体力的にも精神的にも辛い、賃金が過酷な労働と合わないなどの理由があり、離職者も多くいます。保育士は、ニーズも高まり、様々な雇用形態があり、正社員、パート、アルバイト、臨時職員、派遣がありますが、その中でも派遣保育士が人気が高まり、メリットがたくさんあります。派遣保育士は時給が高い保育士離れが深刻になっている理由で最も多いは、労働の過酷さと賃金のバランスの悪さです。パートで働く保育士の時給は平均1000円ですが、派遣保育士の時給は、1400円と、パートよりも派遣保育士の方が時給が高くなっています。生活スタイルにあった働き方ができる保育士の大変さに残業の多さがあげられますが、派遣保育士は、残業は基本的にありません。派遣登録をすると、コンサルタントの面談があり、自分の希望を細かく伝えることができ、希望する休みの曜日、働く時間、自宅からの通勤時間、希望する時給など、家庭の事情に合わせる事が可能なので、自分の希望した働き方をする事ができます。職場のトラブルも派遣会社のフォローが万全自分の希望にあった職場に入ったつもりでも、とても多いのが、人間関係のトラブルや仕事の内容が違うなど、思いもよらぬトラブルにあうこともあります。そんなトラブルが起きても、派遣会社には、担当のコンサルタントがいるので、園とコンサルタントが、直接あって、問題を解決してくれるので、悩みも相談することができ、安心して働く事ができます。女性は、結婚、出産でライフスタイルが大きく変わります。子供が生まれてからも、キャリアを無駄にしたくない、そんな人は派遣として働いてみてはいかがでしょうか。小さいお子さんがいて、家庭と仕事と、保育士の正社員で働くには、大きな負担になります。年間を通して、働ける期間が少ない人には、3ケ月の限定で働くこともできますし、働き方が自由にえらぶ事もできるので、家庭と仕事の両立もしやすくなります。派遣の保育士は、最初の契約はトライアルとして働くので、自分に合わないと思えば、契約の更新をしなければよいので、お試し感覚で働く事ができます。派遣保育士は、ブランクがあったり、保育士の実務経験がなくても応募できる求人も多くあるので、チャレンジしやすくなっています。

保育士が派遣で働くメリット

可愛い子どもたちの成長を近くで見守ることができ、たいへんやりがいのある仕事である保育士。子どもが好きな方は、一度は憧れたことのある職業なのではないでしょうか。しかし、保育士の仕事には大変なこともたくさんあります。勤務時間が不規則であること、職場や保護者との人間関係での問題、残業が多いことなど、心身ともに負担も大きい仕事であると言えます。想像よりも大変なことの多い保育士ですが、仕事の割に給料が高くないことも、悩みのひとつです。そんな中で、保育士の働き方の一つとして、派遣保育士という選択肢が注目されています。派遣保育士とは、どういったものなのか、どんなメリットがあるのかをまとめました。正規の保育士や、パート・アルバイトの保育士の場合、雇用主は保育園を運営している法人です。一方、派遣保育士は派遣会社が雇用主となり、給料も派遣会社からもらうことになります。仕事内容においても少し異なる部分があります。主に正規の保育士が担任業務などを行うのに対して、派遣保育士はその補助としての仕事が多くなります。事務仕事などは正規の保育士が行うことがほとんどです。次に派遣保育士として働くメリットをいくつか紹介します。まず、勤務日数や時間などの融通がききやすいことがあげられます。子育てや介護といった家庭の事情などで、長時間の勤務が難しい場合などでも働くことができます。早朝のみの数時間、子どもが学校に行っている間だけ、など自分の生活に合わせて働くことが出来るのです。また夏休みの間だけ、といった期間を決めた働き方も可能です。残業時間が少ないこともメリットの一つです。保育士の仕事は、時間が来たから退勤というのは難しい部分もありますが、派遣保育士の場合はそれが可能になります。また、雇用主が派遣会社であるため、もし残業をすることになったとしても、残業代が払われないといった問題が起きることが少ないです。職場での人間関係のトラブルも、自分だけで抱え込んで悩んだりする必要がなく、派遣会社にフォローしてもらえます。なにかトラブルがあったときには必ず担当のコンサルタントに相談しましょう。そしてなにより、派遣保育士の時給は1000円~1600円程度と、パート・アルバイトと比べると高めになっていることも大変魅力的です。このように、派遣保育士として働くメリットはたくさんあります。正規の保育士との違いをしっかりと理解した上で、新たな働き方として派遣保育士を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ちなみに働く際は健康が第一です。メタバリアで健康管理をしましょう!

メタバリア成分