保育士が辞めたいなら派遣会社に登録するべき理由

保育士が、正社員やパート、アルバイトとしてではなく、「派遣」として働くメリットとは何でしょう?ここでは大きく2つのポイントに分けて見ていきます。まず、前提として、派遣という雇用形態について簡単に説明します。派遣とは、保育園と直接雇用の契約を結ぶのではなく、派遣元である人材派遣会社と契約を結んだ上で、派遣先である保育園で働くということ。つまり、日々の職場は保育園だけれど、お給料は人材派遣会社からいただくということですね。雇用に関する手続きや、就業の条件の確認や交渉も、人材派遣会社を通して行うことになります。そして、派遣される期間は、原則的には3年です。この雇用形態だからこそのメリットは、「自分の事情に合わせて働き方を考えられる」ということ。自分の生活環境や家庭の事情が、近いうちに変化する可能性がある方にとっては、3年と決まっているほうが働きやすい面もあるでしょう。たとえば、結婚や出産、夫の転勤、家族の介護などで自分自身や家族構成が変わる、遠方へ引っ越すといった可能性がある場合です。もし、一つの園に正社員として採用された場合、当然、保育園の開園や維持に必須の人材として見られます。近年、人員に余裕のある園は多くありませんから、園にとっても正社員は長く勤務してもらうことが大前提。入社1年足らずで、自分や家族の都合で辞めますとはなかなか言えません。ですから、たとえ正社員として十分なスキルや経験を持っていても、自分の状況を見すえ、あえて派遣として働く方がいるのも納得できますね。もう一つの大きなメリットが、「キャリアアップを広い視点から考えられる」ということ。働き先の園を決める際、人材派遣会社に予め、「こういった条件の職場で働きたい」と伝えておくことで、条件に合った職場を冷静かつ客観的に選ぶことが可能です。また、3年の派遣期間を終えた後に、「次は、こういったスキルを伸ばせる職場で働きたい」という相談もできます。正社員として働いた場合、「その園の中でどうスキルアップするか」「園をより良くするために自分は何ができるか」といった視点が多少なりとも求められますが、実際、その園の職務範囲の中では自分が求めるスキルアップができない場合もあります。また、自分より経験の長い保育士さんを飛び越してのスキルアップが難しい場合も。一方、派遣の場合は、「その園の範囲内でできることを探す」のではなく、「保育士としてキャリアアップできる職場はどこか」という広い視点で検討できます。平たく言うと、「園のしがらみ」ではなく、「これからの自分」を基準に考えられるというわけですね。「一つの園で腰を据えて、責任ある仕事を任せられる人材になりたい」「園の経営にも興味がある」という方は別として、「保育士という専門職としてスキルと経験を磨きたい」という方にとって、派遣保育士という選択肢は大いにメリットがあるといえるでしょう。もちろん、派遣であるがゆえのデメリットもあります。資格やスキルにもよりますが、給与面をはじめとする待遇や将来の安定性では正社員には及ばない面があるのも事実。ですが、前述した2つのメリット、「自分の事情に合わせて働ける」「自分視点でキャリアを伸ばせる」という点に重きを置く方にとっては、「派遣」は一つの賢い選択肢といえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です